<< 2008春の発表会(2008/5/18) | main | 6月の例会(2008/6/28) >>

5月の例会(2008/5/31)

雨の中、沢山の新人さんにも参加頂きました、久留米市(福岡)、宇都宮(栃木)の方も・・・・
お茶会(5時〜5時40分)の風景です

演奏に使用する部屋は、3〜4あり(本日は5部屋!)参加時間帯も人によって色々なので、午後と夜の枠の間となる5時頃に集まってお茶会をやっています。事務連絡や、自己紹介などもありますが、あとは、団欒ですね。実にいろいろな方がいて、色々な話をしています。この写真でも、同時に3つの会話が(人の頭上を飛び越えて)進んでいるの、わかりますか・・・・・いつ参加しても「人の音色が豊かだな」と感じます。


本日は、3〜4部屋を準備し予約は次のとうりです。
---------------------------------------------
時刻   
1:00 Hayn皇帝 Mozt S3
2:20 BrasP3#1
3:40 Dvok P4#1
5:00 お茶会
5:40 おとぎ話 Branden#4 死と乙女
7:00 Mozt Pf3 Beenラズ1
8:20 街の歌 Been S4#1
9:30----------ここまで------------
-----------------------------------------------

楽譜の"山"

・・・実は、これが即席合奏のネタでして・・・・・・

本日も、沢山の即席合奏をやりました。
------------------赤字が即席です---------------------
時刻   
1:00 Hayn皇帝 Mozt S3
2:20 BrasP3#1 Mozt S4 死と乙女
3:40 Dvok P4#1 Branden#4 Hayd VaVcDuo
5:00 お茶会
5:40 おとぎ話 Branden#4 死と乙女 Mozt S3
7:00 Mozt Pf3 Beenラズ1 Mozt P3
8:20 街の歌 Been S4#1 Mozt P3
9:30----------ここまで------------
-----------------------------------------------
記憶で書いているので、間違いや、抜けがありそうです。あしからず。




●新人さん●
  
☆☆今月は沢山の新人さんとご一緒しました☆☆☆☆☆
☆☆リコーダーで参加のT羽さんとレポートします☆☆☆
☆☆遠路九州より参加のN浦さんをレポートします☆☆


☆☆リコーダーで参加のT羽さん





「ブランデンブルク協奏曲第四番をやりたい〜!」
リコーダーやられている方なら誰でも描く夢なのだそうです。あまりにも有名なこの曲は、ソロが3人(ヴァイオリン1人とフルート2人)+弦楽5部+チェンバロ(通奏低音)の編成です。実はこのフルート、バッハが意図した楽器はアルトリコーダーなのだそうです。

本日はトライアルという事で、弦楽5部を抜いた4名の編成でやりました。ヴァイオリンがH谷川さん、フルート1がT羽さん(アルトリコーダー)、通奏低音が初参加のK下さん(ピアノ)、そしてフルート2が、なんと私(アルトリコーダー)です。


第一楽章(アレグロ) T羽さん以外は初見で、しかも私は30年ぶりに吹くので(汗)、テンポを落としてゆっくりとやってみました。段々慣れてきて、3回目が終わると、「ブラボー〜〜」T羽さんの歓声が・・・・・

(私も演奏に参加しているので、ここの映像はありません)


・・・・吹いていて、とても綺麗だな、と感じました。部屋が石の壁と硬い木の床でヨーロッパのサロンのように適度に響く構造の事もあり、私のリコーダー、T羽さんのリコーダーと、とても良く響き合っていたと思います(かつて吹いていた頃は、木造の校舎などでしたので、こんなに響きあうの、この楽器にとって初めての体験かもですね)

第二楽章(アンダンテ) もともとゆったりした曲なので、一見運指などの難しさは無さそうですが、音楽が大変奥深く、フルート2は半音階が多く(リコーダーでは結構吹きにくい)、「深いな〜」といいながら演奏しました。

第三楽章(プレスト) 少し映像があります。

     打ち合わせ風景


どんな風に仕上がったかはご想像ください・・・・




☆☆遠路九州より参加のN浦さん(インタビュー)

田中「楽器と経験年数など教えてください」
N浦「Vnを20数年やってます」
田中「東横線例会をどうやって知りましたか?」
N浦「他のAPA会員の話から知ってましたよ」
田中「参加前にどう思ってましたか?」
N浦「参加者が多くて部屋が足りなくなりがちと噂の、東横線例会に伺ってもいいものか、
   遠慮がちな考えもありましたが、思い切ってお邪魔することにしました。」
田中「何に参加されましたか?」
N浦「死と乙女、ブランデンブルク3番、バッハ;トリオソナタ、ブラームスPf四重奏、
   ビバルディ;リコーダー協奏曲、ベートーヴェンOp.18-2 等・・・・。」
田中「いやいや本当に盛りだくさんですね」
N浦「そうなんですよ!それに、初見であらかたの曲がとおってしまうのが不思議でした。
   ハイレベル!
   Pf四重奏という組み合わせは、初体験で、とてもよい勉強になりました。」
田中「私も最初に参加した時初見であわせているので驚きでしたよ。
   皆さん経験が長いので、一度は触れたことがある曲が多いのも事実です。
   初見道場ではないので、好きなペースでokです。
   曲への思いを楽器を通して”会話”できれば最高ですね
   それに東横線例会には色々な楽器の方がおられるので、
   色々な組み合わせが経験できると思います」
N浦「期待をはるかに上回る居心地のよさ(会場付近の空気が素晴らしく良い)で、
   心の余裕あふれでる「大人のアンサンブル」に組み込んでもらい、
   心底ありがたかったです。
   日程の都合さえつけば是非また参加したい素敵な例会です。
   あたたかく接して下さった方々に心より感謝致します。」
田中「また来てくださいね」





本日は、これ以外にも、新人さんが沢山参加されています。
(レポート中)




●その他の風景●









コメント
コメントありがとうございます。また読んでくださいね。
  • 田中
  • 2008/06/06 1:28 AM
とてもきれいなブログですね。読みやすくて、動画もあって。更新されるのを心待ちにしています。
  • 東横ファン
  • 2008/06/03 11:47 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM