<< 4月の例会(2008/4/26) | main | 5月の例会(2008/5/31) >>

2008春の発表会(2008/5/18)

五月晴れ、大倉山の緑地に一歩踏み込むと・・・・
<プロローグ>
ここはまさに市民の憩いの場。
日曜朝の9時、バドミントンしている人、犬と散歩している人。



正面の石段を登っていくと、本日の発表会の舞台となる大倉山記念館ホールの入り口が見えてきます。


ドアをくぐると、ステリハ(ステージリハーサル)が始まっています。

<本日のプログラム>
  「チャレンジ」が今回のテーマです。
   各グループ、いろいろなチャレンジがありました。


 東横線例会 2008春の発表会
5月18日(日)  午後12時45分開場  1時開演 
大倉山記念館ホール

  .戞璽函璽戰鵝.團▲了綾伝婉 第三番 作品1-3から第1楽章 
  ▲癲璽張.襯函仝抗攣予伝婉 第十一番 K171      
  ハイドン 弦楽四重奏曲 作品50-1から第1,2,4楽章
  ぅ疋凜ルザーク ピアノ三重奏曲 第二番 作品26から第1,2楽章
           < 休 憩 >
  ゥ魯ぅ疋鵝仝抗攣予伝婉 作品74-3 「騎士」
  Ε轡腑好織灰咼ッチ ピアノ三重奏曲 第二番 作品67から第1,2,3楽章
  Д戞璽函璽戰鵝仝抗攣予伝婉 第三番 作品18-3から第1,2,4楽章
                 < 休 憩 >
  ┘魯ぅ疋鵝仝抗攣予伝婉 第77番 作品76-3 「皇帝」から第1,2楽章
  ブラームス 弦楽六重奏曲 第一番 作品18から第1,2楽章
  ドホナーニ 六重奏曲 作品37から第1,2楽章
  グリーグ 過ぎし春、ノルウェーの旋律 (参加者全員で合奏)




<グループレポート>
今回はハイドンの弦楽四重奏を演奏するY倉さんのグループをレポートします。
リーダーY倉さん(Va)、K森さん(Vn) メンバー、M尾さん(Vn)、A井さん(Vc)です。演奏するのはハイドンの「皇帝」より第一、第二楽章。皆さんこの曲ご存知ですか? とても有名な曲で、中でも第二楽章は、ドイツの国歌ともなっています。これだけ有名な曲だと、こんな風に弾きたい・・というイメージがメンバーそれぞれに強くあるものです。朝早くから熱心に曲想のすりあわせがはじまっていました:

 リハの前打ち合わせ風景


   このホールには楽屋がありませんので、どこか行こうか・・・
     と楽譜を持って外へ出たところでロビーで打ち合わせ



  「ここの入り方だけど」
「そうそう、まずファーストが引っ張るから」
「いやいやそれより」



 ステリハ風景

少し弾いてみると、メンバーのイメージをもっと合わせたい部分が・・・・







 リハ後の打ち合わせ風景
   
   おにぎり食べながら話していると、段々曲の仕上げの話題になって、
   誰かが楽譜を取り出すと、
   「じゃあ、録音聴いてみよう」
    「ああ、ここは、少し早いかも」

 






さていよいよ本番です。

まず第一楽章の出だしですが・・・・



随分息が合ってますね。



それから第二楽章・・・・・・・










  ・・・・・・おっと、釘付けになっていました。
  
 
<打ち上げ>

演奏会終了後は、大倉山駅の東側にあるロイヤルホストで乾杯!!


Y倉さんのグループも、乾杯!! あれ? ふたり見当たりませんね・・・・





<追伸>
他のグループの方からも、ええ〜私たちはレポートされてないの〜!! とのコメントいただきました。また次回のお楽しみということで(汗)


<そのほかの風景>






コメント
リーダーではないのですが…
肖像権が…などと言っているうちに、早々とアップされてしまいました。機械オンチのワタクシは、PCで音が出せなかったのですが、いいのやら悪いのやら。
この4人、懲りずにまたどこかで現れるかもしれません。よろしくお願いします。
  • Y倉
  • 2008/05/19 9:01 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM